免許取得するために必要なこと

ヘリコプターの免許を取得するためにはあらかじめ決められた運航時間などをクリアしなければなりません。例えば免許取得に必要な運航時間には総飛行時間が挙げられます。総飛行時間は150時間以上と定められており、150時間以上飛行しなければなりません。また、その他にも機長時間が挙げられます。機長時間は35時間以上と定められています。その他にも野外飛行、夜間飛行などがあり、それぞれ10時間以上、5時間以上と定められています。このように定められた時間飛行することによってヘリコプターの免許を取得できる可能性が高くなります。

その他にも飛行する際に必要な免許や検査などが必要になります。例えば指定医療施設で身体検査をしなければなりません。飛行機のパイロットも同様ですが、空中を飛行することになるため、もし万が一自分の体調不良で運航が困難になった時、その機体に搭乗している人の命に危険が及ぶ可能性があります。そのため、しっかりと身体検査をして健康な状態で運転をしなければなりません。この検査は免許を取得する時だけでなく、定期的に検査をするのが一般的です。

このようにヘリコプターの免許を取得するためは飛行時間などが必要ですが、これをクリアすれば免許取得できる可能性が高くなるので、一度挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

どうやったら取得することができるのか

これからヘリコプターの免許を取得しようと思っている人もいるかと思いますが、特に近年ではヘリコプターのパイロットが不足しており、深刻な問題となっています。実際にパイロットになるためには相応の知識や勉強も必要となるため、難易度は比較的高くなりますが、ヘリコプターのパイロットになるためには日本で学校に通って勉強をすることができるので、サポートを受けながら資格を取得することが可能です。では、実際に学校に通って取得する流れについてこれからヘリコプターのパイロットになりたいと思っている人に向けて紹介します。

大まかに流れについて説明をしますが、まず初めにパイロットを目指したいと思ったら、日本にあるパイロット専門の学校に通う必要があります。学校はいくつかあるので、好みの場所に入学をしましょう。続いて入学をしたら学科授業から進めていき、訓練内容としては主に約一カ月ほど行います。その後、学科試験を受けることになりますが、学科試験はアメリカへ留学して取得することとなります。その後、アメリカでの試験が完了したら日本に戻って学科の講習を受けます。その後、実際にフライトの講習を受けて資格を取得します。

このように、大まかに説明をしましたがスムーズにパイロットになるためにはどのような流れで行うのかチェックしておくといいでしょう。

ヘリコプターの免許取得方法を知ろう

ヘリコプターの免許取得に挑戦しようと思われている方もいるのではないでしょうか。免許の取得を考えている人それぞれのなぜ免許を取得するのか目的が異なります。例えば趣味としてヘリコプターの免許を取得する人も珍しくありません。例えば上空に飛ぶことができるので、運転しながら上空から地上の光景を目に焼き付けることができます。その光景の美しさなどに魅力される人も少なくありません。また、もしヘリコプターの免許を持っていれば家族などをヘリコプターに乗せて、空からの景色を楽しむことができます。

ヘリコプターの免許を取得する人の中には就職をするために取得を考えている人もいるでしょう。例えば日本ではヘリコプターの免許を持っていればさまざまな現場で活躍することが可能になります。例えば官公庁ではヘリコプターを運航させなければならない官公庁もあります。例えば警察は犯人を捕まえるために上空から犯人の行動を把握したい時もありますが、そのような時には免許を所有している人がヘリコプターの操縦をして犯人の行動を監視しています。その他にも海上保安庁や消防庁などあらゆる官公庁でヘリコプターの運転手が活躍しています。

民間においてもヘリコプターの運転手が活躍できる場所はたくさんあります。例えばドクターヘリや報道のヘリコプター、空撮などが挙げられます。このようにさまざまな場所で活躍することができるので、お仕事をするために取得する人も少なくありません。免許取得を考えている人の中にはどのような免許取得方法があるのかわからない人もいるのではないでしょうか。